先輩社員の声

働きながら介護福祉士の資格を取得。
次はケアマネージャーを目指します!

介護職員

花岡 朋美さん

HANAOKA TOMOMI

2010年 入職

高校卒業後、一年間の看護浪人を経て入職。働きながら介護福祉士の試験勉強に励み、入職4年目にて資格を取得。現在はケアマネージャーを目指す。

柏寿協会で働き始める前は、看護系の学校を目指していました。浪人生として勉強しているうちに、「勉強よりも、まずは働いてみたい!」という気持ちが大きくなり、介護の道へ進みました。現在入職して5年目となり、介護福祉士の資格も取得。試験勉強も、先輩方から出題傾向など有力なアドバイスをいただき、働きながら実践的に学んでいくことが楽しかったです。次はさらに上を目指し、ケアマネージャーの資格取得に向けて勉強を始めたいと思っています!仕事は毎日が変化の連続。飽きることなく楽しんで続けられているのは、個性豊かな職員と利用者様のおかげです!明るく元気でフレンドリーな職場はいつも笑いが絶えません!

花岡さんの1日(日勤の場合)

  • 9:00~

    入浴

    お風呂を楽しみにされている方が多いです。その喜んでいる表情を見るのが大好きです。
  • 11:00~

    軽作業

    利用者様の手が空いているときは、布巾やエプロン等をたたむお手伝いをしていただいています。
  • 12:00~

    昼食

    利用者様のペースに合わせて食事のお手伝い。「おいしい」と言ってもらえるのが嬉しいです。
  • 14:00~

    自由時間

    天気が良い日は外に出て、お散歩や日光浴をすることも。
  • 16:30~

    日誌

    職員みんなが情報共有できるよう、わかりやすい記録を心掛けています。
  • 17:00~

    夕食

    仕事の締めくくり。夕食のお手伝いをして、18:00に一日の業務完了!

キャリアアップの流れ

2010年 入職働きながら資格を取れる介護福祉士へ進路を変更。
入職5年目(現在)筆記・実技の試験に合格し、介護福祉士の資格を取得。
入職7年目ケアマネージャーの試験を受験予定。

今後の目標

ユニットリーダーとして、職員から信頼される介護員に。そして常に利用者様の立場に立った支援ができる職員を目指したいです。

コミュニケーションが重要!
合間を縫って少しでも多く声かけを。

介護職員

小野 敏孝さん

ONO TOSHITAKA

2009年 入職

管外の福祉系専門学校を卒業。地元で働きたいという思いから、柏寿協会に入職。臨時職員として採用され、現在は正職員として活躍中。

小さい頃から祖母と一緒に暮らしており、介護の仕事に興味がありました。高校卒業後、地元から離れて福祉系の専門学校に通っていましたが、「地元に戻ってきて働きたい!」という思いがありました。就職先を探していた時に柏寿協会を知り、立地も実家から近かったため入職を決めました。もともとおばあちゃん子だったこともあり、利用者様とお話している時間が楽しいです!業務が忙しく向き合ってゆっくりお話する時間は少ないのですが、廊下ですれ違うとき、介助の最中など、なるべく利用者様に話しかけるよう心がけています。コミュニケーションが難しい利用者様もいらっしゃるので、ちょっとした声かけを大切にしています!

小野さんの1日 (早番の場合)

  • 7:00~

    離床介助

    介助時に身体が浮くため、不安にさせないよう、声掛けをしながらお手伝いします。
  • 8:00~

    朝食

    献立の説明をしたり、色々なお話をしながら食事のお手伝いをしています。
  • 9:00~

    自由時間

    利用者様とお話したり、施設内を散歩したりして過ごします。ぬり絵や折り紙などの手工芸を楽しむことも。
  • 12:00~

    昼食

    いろいろなメニューがあるので、楽しみにされている方が多いです。その楽しみのお手伝い…最高です。
  • 13:00~

    入浴

    不安を感じないよう、ゆっくりと声掛けをしながら入浴を楽しんでいただいています。
  • 15:00~

    おやつ

    週に一度、栄養士が作ったおやつを提供します。僕も食べてみたいですが…あとは一日の状況を夜勤者に申し送って、業務終了!

キャリアアップの流れ

2009年 入職福祉系の専門学校卒業後、臨時職員として入職。
入職6年目(現在)正職員として活躍中!経験から身に付けた知識と技術を後輩の指導に役立てています。
入職8年目現在勉強中のケアマネージャー資格。この資格を活かした業務にもチャレンジ。

今後の目標

ユニットリーダーになり、知識と技術をフルに活かしたサービスを提供すること。また、チームを一つにまとめ、後輩の育成に関わっていきたいです!